尿酸・インスリン高値と高血圧発症

尿酸とインスリン高値は高血圧発症の独立した危険因子
尿酸およびインスリンの高値と高血圧発症との間に強い相関が認められると,米ハーバード大学などのグループがArchives of Internal Medicineの1月26日号に発表した。
 
■同グループは,高血圧のない32〜52歳の女性1,496例を追跡し,空腹時の血中尿酸値,インスリン値,トリグリセライド値,インスリン感受性指数,血管内皮障害と関係するホモシステイン値および可溶性細胞間接着分子1値と,高血圧発症との関係を検討した。
 
■高血圧の危険因子を調整後,これらのすべてのマーカーは高血圧発症と関係していた。
しかし,すべてのマーカーと推算糸球体濾過量,総コレステロール値を同時に調整した結果,尿酸およびインスリン値のみが高血圧発症と独立した関係を示し,最低四分位と比較した最高四分位のオッズ比は尿酸が1.89,インスリンが2.03であった。
 
■年間1,000例当たり14.6例の推定発症率を用いると,この年代の女性における年間の全高血圧発症のうちの30.8%が尿酸高値(3.4mg/dL以上),また24.2%がインスリン高値(2.9μIU/mL以上)と関係していると考えられた。
 
■同グループは「尿酸とインスリン値の測定により,高血圧発症のハイリスク群を特定できるかもしれない」としている。
Forman JP, et al. Arch Intern Med 2009; 169: 155-162.

出典 Medical Tribune 2009.2.12 (一部改変)
版権 メディカル・トリビューン社

c0183739_21595340.jpg

中川一政 薔薇
http://www.oida-art.com/buy/detail/1515.html

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
「井蛙内科/開業医診療録(2)」2008.5.21〜 http://wellfrog2.exblog.jp/
井蛙内科開業医/診療録 http://wellfrog.exblog.jp/
(内科関係の専門的な内容)

[PR]
by wellfrog3 | 2009-03-25 00:09 | 循環器科
<< ABC-OMI 低血糖インデックス食 >>