スタチンとPSA値

スタチンはPSA値低下をもたらす
米Durham退役軍人医療センターと米Duke大学医学部の研究者たちは、スタチンの使用が前立腺特異抗原(PSA)値の有意な低下をもたらすことを、国立がん研究所(NCI)ジャーナル電子版に2008年10月28日に報告した。
これまでに行われた疫学研究は、スタチンが進行前立腺癌リスクを低減することを示唆していた。しかし、スタチンとPSA値の関係を調べた研究はほとんど無かった。

■著者らは、1990〜2006年の間に同退役軍人医療センターでスタチンが処方された1214人の男性の医療記録を調べた。
PSA値の変化は、スタチン投与前2年間に測定された値と、投与開始から1年以内の測定値を比較することにより調べた。

■スタチン投与開始年齢の平均は60.3歳。投与前のPSAの中央値は0.9ng/mL、LDL-c値の平均は144mg/dLだった。
スタチン使用開始後、患者のPSA値は4.1%、LDL-cは27.5%低下していた。いずれもP<0.001で統計学的に有意な低下だった。

■PSAの低下幅は、当初PSA値が高かった患者で大きかった。
また、PSA値の低下とLDL-c値の低下の間には相関が見られた。LDL-c 10%低下あたりPSA値は1.64%低下しており、この関係はLDL-c値で調整しても変化しなかった。

■スタチンの作用が顕著だったのは、前立腺の生検が考慮されるレベルのPSA高値(2.5ng/mL以上)を示し、スタチンによるLDL-c値低下が最も大きかった(最高4分位群に属する41%超の低下を示した)サブグループで、PSA値は17%低下していた。

■これらの結果の解釈には注意が必要だ。スタチンによるPSA値の低下は、スタチンが前立腺の状態に影響を与えることを示唆する。
が、PSA値低下は癌リスクの低下に直結しない。また、PSA値の4.1%低下は、臨床的に意義のあるレベルではない。

■一方、スタチンがPSA値を下げるとすれば、前立腺癌スクリーニングにおいてスタチン使用者の癌が見逃される危険性がある。
スタチンによるPSA値の低下が前立腺癌リスクに及ぼす影響を知るためには、かなり長期的な研究が必要となる。

出典 NM online 2008. 11. 4
版権 日経BP社


<きょうの一曲>
サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」
http://www.youtube.com/watch?v=vl6h7UWo1_Q

<自遊時間>
ピアニスト 長岡純子80歳。
日経新聞・朝刊 2008.12.7の新聞記事からです。

「べートーベンやブラームスなら哲学や論理の逃げ場があるが、ショパンは感情がすべてだから」
(モーツアルトも一緒かも知れないと思いました。多くの演奏家はモーツアルトの演奏がとても難しいといっています)

長岡純子ピアノリサイタル
http://tsudahall.com/concertinfo/concert081214.htm
[PR]
by wellfrog3 | 2009-03-21 00:30 | 泌尿器科
<< HRTガイドライン 薬剤抵抗性てんかん >>