「ほっ」と。キャンペーン

乳がん、切らずに治したい KORTUC

きょうは新聞記事のからの紹介ですから、一部の先生には興味のない内容かも知れません。



乳がんはほぼ女性に特有の病気です。
女性に限っていえば、かかりやすいがんのトップということになります。
乳がんには他のがんと違うところがあります。

まず1つは自己診断がある程度出来ること。
もう1つは、がん治療後10年以上たっても転移も含めて再発することがあることです。

きょうは「新しい酵素標的・増感放射線療法 KORTUC」について勉強しました。
 


乳がん、切らずに治したい 放射線の効き目100%に 特集:地域医療を考える 

特集:地域医療を考える 乳がん、切らずに治したい 放射線の効き目100%に

◇「KORTUC」考案
女性がん患者のうち、最も多くを占めるのが乳がんです。
切らずに治せたらというのが、多くの女性の切なる願いです。
高知大医学部教授の小川恭弘放射線部長(56)は安価な既存の薬剤を使うだけで、低下しがちな放射線の効き目を100%に戻す放射線治療法「KORTUC(コータック)」を考案しました。切らずにがんが消えるという画期的な効果を挙げ、全国から注目されています。
【聞き手は大澤重人・毎日新聞高知支局長】

 
----乳がんの患者が増えているのですね?
◆年間に4万人(推定)が発症し、1万人以上が亡くなっています。肉や乳製品など食生活の欧米化によって、発症者が増えています。
女性ホルモンがより分泌され、乳せんが刺激されるのです。
96年以降、日本人女性のがん患者の中で乳がんが1位となりました。40代の発症が一番多いのですが、20代でもかかります。

----普段心がける自己診断の方法はありますか?
◆生理の1週間後など月1回、乳房や脇の下を万遍になでて、しこりがないかチェックしてください。
この自己検診と40歳以上の人は年に1回、集団検診でX線撮影「マンモグラフィー」を受けるべきです。ただ、マンモグラフィーは万能ではなく、若い人の場合ほど見落としがあります。
自己検診と集団検診、超音波検査の3点セットをお勧めします。早期発見すれば5年生存率は90%以上、一番進行した段階では約10%と言われており、早期発見が何より大切です。

----がん治療での放射線治療の役割を教えてください。
◆がんになる人は年間65万人です。
局所治療は手術か放射線かになります。
全身への進行を抑えるには抗がん剤による化学療法です。
放射線治療を受けるのは、米国では7割に達しますが、日本では3割に過ぎません。
なぜかと言うと、被爆国なので放射線が怖いと言うイメージが強いのです。
もう一つは、日本では胃がんが多かったので、早期の胃がんを手術で治してきました。
そのため、がんは手術で治るというイメージが定着し過ぎました。

さらに医療体制にも問題があります。
画像診断などの検査を行う放射線診断医は国内に約8000人、診断に基づいて放射線を当てる治療医は600-700人です。両者を区別している病院が少なく、絶対数も少ないのが現状です。

----どんな放射線治療がありますか?
◆外から当てる外部照射と、体に直接当てる組織内照射があります。
全体の9割を占める外部照射を行うのが、電子を放出させる直線状加速装置「リニアック」です。

がんが2、3センチを超えれば、抗酸化酵素だらけになり、酸欠状態になります。
放射線を当てても効き目の3分の1しか効かないのです。がんが大きくなればなるほど効かなくなります。

----解決するにはどうすれば?
◆二つの方法があります。
高価な粒子線(炭素線)と、安くて安全な増感剤です。
より威力のある粒子線を当てるとがん細胞が100%近く壊されます。
大きながんも治せるとのことです。
千葉や兵庫などで行われており、さらに全国16カ所で計画が進められていますが、建設費が数百億円もかかり、保険が適用されず治療費が300万円と高額なのが難点です。

一方の増感剤は、「安全かつ安価で効果があります」というのが私たちの主張です。
増感剤は放射線の効果ががんの酸欠状態のため3分の1に落ちるのを元に戻す薬です。

----効果的な増感剤「KORTUC」の開発について。
◆抗酸化酵素が悪さをしていることがわかり、それをブロックするためにはオキシドール(過酸化水素)を使えばいいことがわかりました。
同酵素を分解すると同時に、それ自体も水と酸素に分解されます。
腫瘍(しゅよう)の中が酸素だらけになり、放射線の効き目が元に戻るのです。
技術の進歩でがんの部位を見ながら血管を避けて注射できるようになり、40年ほど前からあった発想を実現することが出来ました。
この治療法を「KORTUC(高知式酵素標的・増感放射線療法)」と名づけました。

しかし、オキシドールをそのまま注射すると、急速に分解され、拡散します。しかも激痛を伴います。
そこで思いついたのが、しわ取りなど美容分野で使われるヒアルロン酸です。
オキシドールと併用することによって、48時間注射した局所に滞留し、痛みも和らぐのです。

----「KORTUC」の治療の実際は?
◆乳がんでは放射線照射は16回が基本です。
週5回(月-金)照射、週2回(月・木)注射です。注射は照射の30分~1時間前に増感剤を注入します。
照射はほんの数分で終わります。
局所麻酔をかけますので痛みはありません。

乳がんは06年10月から始め、乳房温存目的で30例ぐらいしていますが、再発はありません。評判を聞きつけ、北海道から沖縄まで患者さんが来られます。
無償で技術提供しており、東京の放射線治療専門病院や住友別子病院(愛媛県新居浜市)などで導入されています。
現在、日本をはじめ、米中印など9カ国で放射線・化学療法増感剤として特許出願中です。

----治療費や副作用は?
◆治療費の追加負担は求めていません。
放射線治療自体には二日酔いのような症状も出ることがありますが、「KORTUC」はいずれも人体の構成成分のため副作用は考えられません。

----自己診断で乳房にしこりが見つかった場合の治療の流れを教えてください。
◆細い針で組織を採取し、病理検査を行います。
がんと診断されたら、転移の有無を調べるため陽電子放射断層撮影「PET-CT」を行い、脳以外の全身チェックをします。
悪性度を判定し、早期がんの場合は乳せん部分切除と放射線治療による乳房温存療法、進行したがんなら、抗がん剤治療と「KORTUC」などを併用することになります。

あくまで最初は抗がん剤や部分切除などの標準的な治療を勧めます。
「KORTUC」は、どうしても受けたいという人に行っています。

----「KORTUC」は他のがんでも使えるのでしょうか。
◆進行性皮膚がんへの臨床利用が06年4月に学内の倫理委員会で認められたのを皮切りに、乳がん、軟部組織肉腫、表在性リンパ節転移、進行性肝臓がん、進行すい臓がん、進行腎臓がんと次々認められています。
現在までに100例ほどの患者さんに適用して効果を上げています。

問い合わせ先  乳がん110番(088・880・2367)
        月-金曜の午前8時半-午後5時半


出典 毎日新聞 2009.7.31
版権 毎日新聞社



KORTUC: Kochi Oxydol-Radiation Therapy for Unresectable Carcinomas



<関連サイト>
新しい酵素標的・増感放射線療法 KORTUC の開発とその臨床効果
http://fujito.org/CONTENTS/JSCO45/_pdf/10334.pdf

新開発の放射線増感剤(過酸化水素含有ヒアルロン酸ナトリウム)による著明な臨床効果
http://www.ckkc.kochi-u.ac.jp/report/2008pdf/54_57.pdf

新しい酵素標的・増感放射線療法
http://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/gan/info_04senshin_29-2.htm

New radiosensitization treatment (KORTUC I) using hydrogen peroxide solution-soaked gauze bolus for unresectable and superficially exposed neoplasms.
http://www.curehunter.com/public/pubmed18497941.do

New radiosensitization treatment (KORTUC I) using hydrogen peroxide solution-soaked gauze bolus for unresectable and superficially exposed neoplasms.
http://www.biomedexperts.com/Abstract.bme/18497941/New_radiosensitization_treatment_KORTUC_I_using_hydrogen_peroxide_solution-soaked_gauze_bolus_for_unresectable_and_sup

オキシドールやヒアルロン酸で革命的な「がん放射線治療」!
http://iron.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-b605.html
どんなガンに使えるか?
・1ヶ所に固まっているガン(全身に転移している場合は難しい)
・直接、注射ができるガン
・そもそも、放射線治療に適しているガン
※なお、増感剤は「高知大学医学部・倫理委員会」の承認を得られた種類のガンのみで使用できる。
1)体の表面に現れている進行ガン(皮膚ガンなど)
2)骨・軟部組織の進行ガン
3)乳ガン
4)リンパ節転移ガン
5)肝細胞ガン
6)すい臓ガン


c0183739_12275879.jpg


デユフィ

Culture Jammer いのちの旅
http://imhere8128.seesaa.net/category/3202374-1.html
より引用



<自遊時間 その1>
日医、自民公約を評価 民主の「後期廃止」批判
■日本医師会は5日、自民党のマニフェスト(政権公約)について、来年度診療報酬のプラス改定や消費税を含む税制抜本改革などの方向性が示された点を挙げ「評価する」との見解を公表した。
ただ、財源の配分が「公的病院志向、大病院志向であるように見受けられる」とし、地域の中小民間病院や診療所への十分な配慮を求めた。
■一方、民主党が掲げる後期高齢者医療制度の廃止方針について、中川俊男常任理事は同日の会見で「大変な混乱になる。制度が宙に浮いて(75歳以上の人は)医療が受けられなくなる」などと批判、再検討を強く求めた。

http://www.m3.com/news/GENERAL/2009/8/6/105410/?pageFrom=m3.com
共同通信社 2009.8.6
<コメント>
自民党と心中する日本医師会。
肥大の流れがまったく読めていません。
全国の地域医師会では反自民の動きが出ています。


<自遊時間 その2>
製薬業界、政界に11億円 19年までの8年間、与野党に広く分配
パーティーでメーカーから集金→パー券購入・献金
■製薬業界の政治団体「製薬産業政治連盟」が平成19年までの8年間に、政治資金パーティーで総額13億6千万円余りを集め、パーティー券購入などによって中央政界に11億円前後の資金を提供していたことが8日、産経新聞の調べで分かった。
政治献金の規制が強まる中、業界がパーティーによって薬品メーカー各社から集金し、パーティー券購入などで与野党側に広く資金を分配していた実態が明らかになった。
「政治とカネ」の関係も問われることになる総選挙を前に、パーティーを介した製薬業界からの多額の政治資金の存在が浮上した。
■政治資金収支報告書では、1回の開催で1千万円以上の収入があるパーティーを「特定パーティー」と呼ぶ。
総務省によると、年間の特定パーティー収入の政治団体別ランキングで、製薬産業政治連盟は平成12年の設立から過去8年間、常にトップ10入り。他は国会議員の関連団体と政党、派閥が占め、政界関連以外でトップ10に入ったのは、18年に10位となった「ティグレフォーラム」(旧大阪府中小企業連合会)のほかは製薬産業政治連盟だけ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090809-00000051-san-soci
産経新聞 2009.8.9
<コメント>
正体見たり製薬業界。


<きょうの一曲> 「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」
樋口了一/手紙 〜親愛なる子供たちへ〜
http://www.youtube.com/watch?v=VIys43kR5S0

樋口了一「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」
http://www.teichiku.co.jp/artist/higuchi/disco/cg17_lyric.html

手紙 − Amado Filho
http://www.youtube.com/watch?v=AB_QqU1Pudw

樋口了一公式サイト
http://www.r-higuchi.com/



他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
「井蛙内科/開業医診療録(2)」2008.5.21? http://wellfrog2.exblog.jp/
井蛙内科開業医/診療録 http://wellfrog.exblog.jp/
(内科関係の専門的な内容)

[PR]
by wellfrog3 | 2009-08-09 00:05 | がん
<< 「尿意」感じる仕組み解明 温存乳房内再発 >>