2009年 03月 05日 ( 1 )

安静時心拍数と肥満・糖尿病

安静時心拍数が高いと肥満や糖尿病を発症しやすい
安静時心拍数が高いことが将来の肥満と糖尿病の発症を予測すると,久留米大学のグループがAmerican Journal of Hypertensionの2月号に発表した。
 
■今回の報告は,1979年と20年後の99年に健康診断を受けた20歳以上の637例のうち,79年に心房細動が認められた4例と降圧薬を服用していた19例を除外した614例のデータに基づくものである。
 
■解析の結果,1979年の安静時心拍数と99年の心代謝危険因子(血圧値,遊離脂肪酸値,血糖値,インスリン抵抗性指数)との間に,直線的で有意な正相関が認められた(P<0.05)。
年齢,性,その他の交絡因子を補正後,79年の高い安静時心拍数(80/分以上)は20年後の肥満,糖尿病の発症とインスリン抵抗性を予測した。
 
■同グループは「交感神経系の亢進が肥満や糖尿病の発症に関係している可能性が示唆された」としている。
Shigetoh Y, et al. Am J Hypertens 2009; 22: 151-155.
Higher heart rate may predispose to obesity and diabetes mellitus: 20-year prospective study in a general population.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez/19151693

出典 Medical Tribune 2009.2.12(一部改変)
版権 メディカル・トリビューン社

<きょうの一曲>
Joe Pass "You Can't Take That Away From Me"
http://www.youtube.com/watch?v=r4nJmChzu9c&feature=related

他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
「井蛙内科/開業医診療録(2)」2008.5.21~ http://wellfrog2.exblog.jp/
井蛙内科開業医/診療録 http://wellfrog.exblog.jp/
(内科関係の専門的な内容)
[PR]
by wellfrog3 | 2009-03-05 00:08 | 糖尿病