「ほっ」と。キャンペーン

小児における新型インフルエンザの臨床像

##新型インフルエンザの小児における臨床像 国立感染研がまとめ
9月16日,国立感染症研究所感染症情報センター(IDSC)は,現時点での米疾病管理センター(CDC)の報告などから,小児における新型インフルエンザ(A/H1N1pdm)の臨床像をまとめ,ホームページに掲載した〔感染症情報センターパンデミック(H1N1)2009〕。

#重症化の7徴候に注意を
IDSCによると,新型インフルエンザでも,季節性インフルエンザ同様,5歳以下の乳幼児および基礎疾患のある児では合併症を来す可能性があると注意喚起している。

また,重症化の7徴候として
(1)頻呼吸や呼吸困難,
(2)蒼白,チアノーゼ,
(3)水分摂取不良,
(4)頻回の嘔吐,
(5)意識あるいは意思疎通不良,
(6)機嫌が悪く,抱っこされることを嫌がる,
(7)インフルエンザ様症状は治まったが,再び発熱し,咳が悪化
-を挙げ,これらの症状が見られる場合は注意するよう呼びかけている。

治療に際しては,現時点ではオセルタミビル,ザナミビルを用いることとし,投与量は季節性に準じるとの指針を示している。
オセルタミビルの使用については,「10代の季節性インフルエンザ患者に対するリン酸オセルタミビルの使用と異常行動に関しては,明らかな因果関係が否定されておらず,現在でも国内において使用が制限されている」としながらも,臨床上の必要性が危険性を上回る場合,1歳未満の乳児に関しても厳重な監視下での投与は妥当としている。
一方,吸入薬のザナミビルは「5歳以上で日本の健康保険適応となっている」と記されている。
 
なお,ワクチンに関する記述は今のところない。

小児に多く発症する脳症に関しては,現在,新型インフルエンザ感染後の脳症が国内で7例報告されており,IDSCでは季節性と同じく気道感染から神経合併症を発症しうるとしている。
また,発症した場合には季節性同様,全数把握対象疾患として届け出が必要だという。
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/0909/090954.html

出典 MT pro 2009.9.16
版権 メディカル・トリビューン社

<関連サイト>
#国内発生新型インフルエンザ脳症の詳細な臨床経過
臨床症状と合致して脳梁膨大部に一過性の病変
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/0909/090938.html
■国内2例目となる新型インフルエンザ(A/H1N1pdm)脳症の詳細な臨床経過が,国立病院機構栃木病院(感染アレルギー科)医長の山口禎夫氏らによって公表された。
症例は7月に栃木県で報告された11歳女児で,臨床症状と合致して脳梁膨大部に一過性の病変が確認されたという。
■重積する痙攣にジアゼパム静注,ステロイドパルス療法で対処。
出典 MT pro 2009.9.11
版権 メディカル・トリビューン社


<番外編>
##やればできる?!麻疹ワクチン接種率が軒並み90%台を突破
国立感染症研究所は昨日(9月15日),全国の2008年度(2008年4月1日~2009年3月31日)の麻疹ワクチン接種率の最終評価結果を発表した。

麻疹排除の目安となる2回目(第2期:5~7歳未満相当)のワクチン接種率95%以上を達成した都道府県は,2007年,秋田県1県だったが,今回は同県を含む9県に増加。
厚生労働省(厚労省)が実施している麻疹排除計画の効果が現れており,2009年の累計患者数も前年に比べ1万例以上減少している。

#95%以上が9県,80%台は東京,大阪含む5都府県のみ
2007年度,第2期の接種率が95.8%となった秋田県は,今回97.3%とトップの座を守った(「表II-2. 2008年度第2期麻しんワクチン接種率 昨年度との比較」参照)。秋田県は,2006年に大館市で起こった麻疹大流行を教訓に,小児科医会や関係機関が積極的に麻疹制圧に取り組んできた。

今年(2009年),県が制作,発行した「麻しん排除へ-平成19年度秋田県麻しん制圧の記録-」によると,当時の大流行直後から,一般的に接種対象とならない生後6か月~1歳未満の乳児への麻疹ワクチン接種を推奨したほか,ワクチン未接種者への費用助成,学校保健法の適用による未接種者の出席停止という日本ではあまり例のない措置を実施したという。

また,山形県,福井県,佐賀県は接種率の向上が課題とされていた第3期(中学1年生相当),第4期(高校3年生相当)も軒並み90%を超える高い接種率を記録した。

さらに,今回で第2期の接種率が90%を超えた県も17にのぼった一方で,大阪府は前年比約8ポイント上昇したものの88.8%となった。東京都は88.3と前年の87.1%より微増にとどまった。
第2期の接種率が80%台となったのは,2007年度は32都道府県であったが,今回は大阪,東京のほか高知県,鹿児島県,沖縄県の5都府県のみとなった。

#昨年より患者数が1万例以上激減
なお,昨年1~12月の全国麻疹累計患者数は1万1,007例であったのに対し,同センターの週報によると,今年1月~9月9日までの累計患者数は604例にまで激減,2008年からの全数把握調査の開始や学校での定期接種勧奨の成果が早くも現れた格好だ。

同研究所の多屋馨子室長は,今回の結果は評価できるとしながらも,麻疹の排除には第1期,2期両方の接種率が95%を超えること,また,過去に定期接種の機会が1回しかなかった第3期,4期の接種率のさらなる向上が課題と指摘。
「これらの点がクリアされないと数年後また流行の波がくるだろう」とコメントしている。

第3期,4期の2回目接種については,2008年4月から5年間の期限付きで定期接種の対象とする暫定措置が取られている。

国立感染症情報センターでは今回の最終評価結果のほか,麻疹排除に関する各自治体の取り組み事例をホームページで公開している。
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/0909/090953.html

出典 MT pro 2009.9.16
版権 メディカル・トリビューン社


<きょうの一曲>
A Norah Jones - Are you lonesome (Elvis tribute)
http://www.youtube.com/watch?v=5NHLsrWAw9k&feature=related
[PR]
# by wellfrog3 | 2009-09-25 00:59 | 感染症

がん抑制遺伝子p53

##千葉大・小室一成氏ら糖尿病解明に新視点「がん抑制遺伝子p53」提示
#老化脂肪細胞で発現増強しインスリン抵抗性誘導
過剰なカロリー摂取で2型糖尿病様の病態を示すマウスの脂肪組織では,脂肪細胞が老化細胞に類似した変化を来し,がん抑制遺伝子として知られるp53の蛋白質発現が増強してインスリン抵抗性を誘導する。
千葉大学大学院(循環病態医科学)教授の小室一成氏らが,Nature Medicine 8月30日オンライン版で明らかにした。同グループは糖尿病を合併するヒトの脂肪組織でも同様の変化が生じていることを確認。
脂肪細胞の老化様変化が糖尿病の進展に重要な役割を持つことを初めて示した,注目すべき成果だ。

#p53はテロメア非依存・依存性にインスリン抵抗性を誘導
細胞老化のメカニズムとして最もよく知られているのは,染色体の両端のテロメア配列が細胞分裂のたびに短くなり,短縮の程度がある閾値を超えると細胞はそれ以上分裂不能となり,細胞老化あるいは細胞死を来すというものである。
一方,細胞老化は,テロメア依存性の細胞分裂の有限性とは関係なく,多様なストレス負荷によっても誘導されることが明らかになっており,その1つに酸化ストレスによる染色体の損傷が挙げられる。

遺伝的肥満マウス(Ayマウス)の脂肪組織では,活性酸素種の増加による酸化ストレスの増大がインスリン抵抗性のキー・メカニズムであると報告されている。
実際に,通常の食餌で20週間飼育したAyマウスの脂肪組織の活性酸素種は,野生型マウスより高値だった。
そこで小室氏らはまず,Ayマウスの脂肪組織で老化様変化が生じているかどうかを調べた。

Ayマウスの脂肪組織では,細胞老化のマーカーである老化関連βガラクトシダーゼ(SA-β-gal)陽性細胞の増加が認められ,p53蛋白質の発現レベルが高まっていた。
さらに腫瘍壊死因子(TNF)や単球走化性因子などの炎症誘導性サイトカインの発現が亢進する一方,アディポネクチンなどの発現が低下。Ayマウスのインスリン感受性の低下と耐糖能異常が確認された。

同様な現象が,テロメラーゼ逆転写酵素を欠損させてテロメア依存性の老化を誘導したマウスの脂肪組織でも生じており,p53蛋白質の発現亢進と炎症性応答の亢進,インスリン抵抗性の増大が確認された。

これらの変化は,脂肪細胞特異的にp53遺伝子を欠損させたマウスでは著明に抑制され,高カロリー食を与えたにもかかわらず,食餌内容を同じにしたコントロールマウスより,インスリン感受性,耐糖能が有意に改善した。

#ヒトの脂肪組織でも同様の変化
小室氏らは,消化器腫瘍の摘出術を受けた患者の内臓脂肪を検討し,2型糖尿病合併例の脂肪組織でSA-β-galの活性が上昇しており,p53蛋白質のレベルや炎症誘導性サイトカインのレベルが著明に高まっていることを確認。
脂肪細胞の老化がヒトの糖尿病でも中心的な役割を持つことを示唆する結果を得ている。

同氏らは,2007年にp53が心不全発症のキー・モレキュールであるという,きわめて衝撃的な研究成果を報告した(Nature 2007; 446: 444-448)。
当時,同氏は「p53のがん抑制メカニズムは非常に多彩で,DNA損傷に対してアポトーシスだけでなく,細胞分裂の停止も誘導する。したがってp53は,ターゲットの細胞に対する老化促進因子であるとも言える」と指摘した。

今回の報告は,2型糖尿病の病因・病態解明に全く新たな視点をもたらすものであり,かつ脂肪組織の老化シグナル抑制が糖尿病治療の新たな戦略となる可能性を示すものだ。
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/0909/090947.html
出典 MT pro  2009.9.15
版権 メディカル・トリビューン社 2009.9.15

c0183739_6374620.jpg

2009.9.21撮影

<きょうの一曲>
Norah Jones - Cold Cold Heart
http://www.youtube.com/watch?v=g35zS1tVO3o&feature=related


<自遊時間>
昨日は休日診療所の出務でした。
朝から夕方まで1人の医師で診療するのですが、70人近くが受診し、そのほとんどが簡易検査でインフルエンザA型が陽性でした。
大半が中学生でしたが、兄弟姉妹間での感染力が強い印象を受けました。

とても疲れました。


さて現時点での新型インフルエンザ(今の季節での簡易検査A型陽性例)の印象です。

一般的に経過の良い例では季節型インフルエンザより軽い感じです。
季節型インフルエンザのように後半の局所症状が少ないように思います。
先生方の印象はいかがでしょうか。
当院では先々週にB型インフルエンザが見つかっています。
季節型インフルエンザとの区別はもうすでに難しくなっているのかも知れません。
[PR]
# by wellfrog3 | 2009-09-24 00:58 | 糖尿病

アジュバント非含有インフルエンザワクチン

##アジュバント非含有インフルエンザワクチンは2009H1N1ウイルスに対する予防効果をもたない可能性
#アジュバントを含有しない最近の季節性インフルエンザワクチンの接種は、どの年齢群においても、2009 H1N1ウイルスへの交差反応性抗体反応をほとんど誘発しない
アジュバントを含有しない最近の季節性インフルエンザワクチンは、世界的に流行しているH1N1ウイルス(2009H1N1)に対する予防効果をもたない可能性があるという研究結果が、『New England Journal of Medicine』9月10日号オンライン版に報告されている。

「新しいインフルエンザA(H1N1)ウイルスが出現して世界的に流行し、主に若年者において疾患が地球規模で拡がっている」と米疾病対策センター(CDC)米国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)インフルエンザ部門(ジョージア州アトランタ)のKathy Hancock, PhDらは記している。
「我々はヒトにおける既存の免疫力を見極め、季節性ワクチンの戦略を評価するため、以前のインフルエンザ感染またはワクチン接種により生じる本パンデミック・ウイルスに対する抗体反応を様々な年齢群で測定した」

研究者らはマイクロ中和法を用い、献血者または最近の季節性インフルエンザワクチンまたは1976年豚インフルエンザワクチンの接種者から得た保存血清検体において、2009年H1N1ウイルスに対する交差反応性抗体の力価を定量した。

2009年H1N1ウイルスに対する既存の交差反応性抗体の力価が40以上であった人は、1980年以降に生まれた107名中4名(4%)であった。
これとは対照的に、1950年以前に生まれた115名中39名(34%)では、抗体価が80以上であった。

季節性の三価不活化インフルエンザワクチンの接種後、2009年H1N1ウイルスに対する交差反応性抗体のレベルが4倍以上に上昇した人は、生後6カ月-9歳の小児55名にはおらず、18-64歳の成人231名では12-22%、60歳以上の成人113名では5%以下であった。
交差反応性抗体反応は、アジュバントを含有する季節性ワクチンにより改善しなかった。
成人の場合、A/New Jersey/1976豚インフルエンザワクチンの接種により、2009 H1N1ウイルスに対する交差反応性抗体の大幅な増加が認められた。

「アジュバントを含有しない最近の季節性インフルエンザワクチンの接種は、どの年齢群においても、2009 H1N1ウイルスへの交差反応性抗体反応をほとんど誘発しなかった」と本研究の著者らは記している。
「30歳未満の人では、このパンデミック・ウイルスに対する交差反応性抗体の証拠がほとんど認められなかった。しかし、一部の高齢者では、既存の交差反応性抗体が認められた」

本研究の限界としては、小児試験の検体数が比較的少なかったことが挙げられる。

「依然として明確なのは、年齢群を問わず、ウイルス株に特異的なパンデミック・ワクチンの開発が、2009 H1N1ウイルスへの最適な予防につながるという点である」と本研究の著者らは記している。
「様々な年齢群の人に十分な免疫を付与するには1回または2回のワクチン接種が必要なのか、また、連続変異株の出現やワクチンの節約効果を踏まえ、アジュバントの使用により2009 H1N1ウイルスへの免疫反応が拡大できるかという問題については、現在進行中の臨床試験の結果で最終的に判断できるであろう」

本研究はCDCの支援を受けた。本研究の著者の一部は、GlaxoSmithKline社および/またはJuvaris BioTherapeutics社と様々な金銭的関係があることを公表している。

N Engl J Med. Published online September 10, 2009.

Medscape Medical News 2009. (C) 2009 Medscape
http://www.m3.com/news/SPECIALTY/2009/9/17/107890/

2009年9月17日 提供:Medscape
[PR]
# by wellfrog3 | 2009-09-23 00:44 | 感染症

高齢者は新型インフルに感染しにくい?

新型に感染したか感染の疑いのある人の死亡は2009.9.22現在で18人となりました。
そこで気になるのは年齢と感染、重症化との関係です。

##高齢者は新型インフルに感染しにくい」を支持するエビデンス
#新型ウイルスに対する交差反応は1920年代生まれがピーク
米国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)のKathy Hancock氏らは,新型インフルエンザ(A/H1N1pdm)ウイルスに対して既にヒトが有している免疫性を評価した結果をN Engl J Med 9月10日オンライン版に発表した。

Cross-Reactive Antibody Responses to the 2009 Pandemic H1N1 Influenza Virus.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/sites/entrez/19745214

1880~2004年に生まれたドナーから得られた血液サンプルを対象に,新型インフルエンザウイルスに対する交差反応性を検討したところ, 1920年代生まれを中心に一部の高齢者では高レベルで認められたという。
これまで憶測交じりに語られてきた「高齢者は新型インフルエンザに感染しにくい」を支持するエビデンスと言えそうだ。

#近年流行した季節性インフルエンザとの交差反応性は低い
Hancock氏らはまず,2005~09年に季節性3価不活化インフルエンザワクチン接種を受けたヒトから採取した血清サンプルを対象に,マイクロ中和試験を用いて,新型インフルエンザウイルスに対する交差反応性抗体を測定し,ワクチン接種前後で比較した。

その結果,アジュバントが含まれない季節性インフルエンザワクチン接種を受けたサンプルにおいて,抗体力価が4倍以上に増加したのは,生後6か月から9歳の小児55例では皆無,18~64歳の成人231例では12~22%,60歳以上の成人113例では5%以下であった。
また,アジュバントが含まれる季節性ワクチン接種を受けた生後6~59か月の幼児45例においても,抗体力価が4倍以上に増加したのは2%にとどまった。
このことは,近年流行した季節性インフルエンザウイルスと新型インフルエンザウイルスとの交差反応性は,いずれの年齢においても低いことを示している。

一方,次の結果は,より古い時代に流行したウイルスとの間には強い交差反応性が存在することを示唆している。
具体的には,1880~2004年に生まれた匿名のドナーから得られた417例の血液サンプルを検査し,新型インフルエンザウイルスに対する交差反応性抗体の年齢分布を検討した。
その結果,1980年以降に生まれた107例では,40以上の力価のある交差反応性抗体が既に存在していたのは4例(4%)にすぎなかったのに対し,1950年以前に生まれた115例のうち39例(34%)では80以上の力価が認められた。

また,力価の度数として表される抗体反応のピークは,1910~29年に生まれた11例のドナーで認められ,全ての力価が80以上であった。
10年ごとに区切った各年代の幾何平均抗体価(GMT)を直前の年代のGMTと合わせた累積GMTのピークは,1920年代生まれの被験者で認められ,以降は徐々に低下した。

#1976年の豚インフルエンザワクチン接種者で特に強い交差反応
また,1976年に米国人の約20%がA/New Jersey/1976(H1N1)豚インフルエンザワクチンの接種を受けたが,当時25歳以上で接種を受けた成人83例から採取した血清サンプルを対象に,今回の新型インフルエンザウイルスに対する交差反応性抗体を調べたところ,45例(54%)ではセロコンバージョン(抗体陽性化)が認められ,52例(63%)では接種後の抗体力価が160以上にものぼった。

Hancock氏らは「近年の季節性インフルエンザワクチンは,アジュバントの有無とかかわりなく,すべての年齢群において新型インフルエンザウイルスに対する交差反応性抗体反応をほとんど増加させなかった。
また,現在30歳未満の米国人は交差反応性抗体のエビデンスがほとんど認められなかったが,一部の高齢者には交差反応性抗体が既に存在していることが明らかになった」と結論付けた。

出典 MT pro 2009.9.17
版権 メディカル・トリビューン社


<新型インフルエンザ 関連サイト>
#日本におけるインフルエンザ A (H1N1) の新型インフルエンザによる入院患者数の概況
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/rireki/090917-02.html
(1週間毎の入院患者の集計が厚労省より発表されています)
[PR]
# by wellfrog3 | 2009-09-22 00:30 | 感染症

「新型」感染でもタミフル原則不要、米が指針

「新型」感染でもタミフル原則不要、米が指針
米疾病対策センター(CDC)は8日、新型インフルエンザに感染しても、健康な人はタミフルやリレンザなど抗ウイルス薬による治療は原則として必要ないとする投薬指針を発表した。

抗ウイルス薬の供給には限りがあるほか、過剰投与で耐性ウイルスが出現する恐れが高まるため。CDCのアン・シュケット博士は同日の記者会見で「子供でも大人でも大多数は抗ウイルス薬は必要なく、自宅で休養することで治る」と述べた。

ただし、持病がある人や、健康な人でも重症化した場合には、ウイルス検査の結果を待たず抗ウイルス薬を投与することが必要としている。
世界保健機関(WHO)も、抗ウイルス薬の投与は持病がある人など高リスク集団か、新型インフルエンザで症状が悪化しつつある人に絞るべきだと勧告している。
これに対し日本では、健康な人でも感染した場合、抗ウイルス薬を投与する医療機関が多い。
http://www.m3.com/news/news.jsp?articleLang=ja&articleId=107343&categoryId=&sourceType=GENERAL&

出典 読売新聞 2009.9.9
版権 読売新聞社




<新型インフル>小6男児が死亡 ぜんそくの持病 横浜
横浜市は17日、新型インフルエンザに感染した同市都筑区の市立小6年の男児(12)が同日夕、入院先の市内の病院で死亡したと発表した。男児には気管支ぜんそくの基礎疾患があり、3日未明から集中治療室(ICU)で治療を受けていた。
死因は脳内出血とみられるという。タミフルの投与について、市の担当者は「使ったとは聞いていない」と話している。
厚生労働省によると、国内での新型インフルエンザ感染者の死亡は疑い例も含めて15人となった。未成年の死者は初めて。

市によると、男児は2日午前、39度台の発熱と嘔吐(おうと)を訴え、近くの医療機関を受診。簡易検査では新型インフルエンザ陰性だったが、ぜんそくの症状があったため、医師の紹介で別の病院を受診した。症状が落ち着いたため一度、帰宅した。

しかし翌3日も発熱が続いたため再受診して入院。この時の検査も陰性だったという。だが、10日の検査結果でA型インフルエンザ陽性となり、14日夕に市衛生研究所の遺伝子検査で感染が確認された。男児はウイルス感染による心筋炎の治療のため、タミフルを投与されていなかったとみられる。

◇兆候を見逃すな
野々山恵章・防衛医科大教授(小児科学)の話 ぜんそくは重症化のリスク要因だが、新型インフルエンザは健康で基礎疾患(持病)がなくても重症化する場合があるので、その兆候を見逃さないことが大切だ。
呼吸困難の兆候や、意識障害、けいれんが長く続くなどのインフルエンザ脳症の兆候に気をつけ、早期に治療を開始する必要がある。
http://www.excite.co.jp/News/society/20090917/20090918M40.106.html
2009.9.17

<コメント>
今回の横浜のケースについて以下のブログにコメントを書きました。

家族が新型インフルエンザ にかかったら
http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/archive/2009/09/18



<番外編>
子宮頸がんワクチン、国内初承認へ…厚労省
厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は31日、子宮頸(けい)がんを予防するワクチン「サーバリックス」の承認を了承した。10月に正式承認される見通し。

このワクチンはオーストラリアなど95か国で承認されているが、国内で子宮頸がんワクチンが承認されるのは初めて。2007年9月にグラクソ・スミスクライン社が承認申請していたもので、10歳以上の女性が接種対象となる。

子宮頸がんは、性的接触によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が主な原因とされている。
今回のワクチンを感染前に接種すれば、子宮頸がんの原因の7割を占める2種類のHPVの感染が予防できると期待される。

国内では毎年約7000人が子宮頸がんになり、約2500人が死亡している。特に20~30歳代の若い女性で増えつつある。
出典 読売新聞・2009.9.1
版権 読売新聞社


<きょうの一曲>  悲しみのジェット・プレーン
Peter, Paul & Mary - I'm Leavin' On a Jet Plane
http://www.youtube.com/watch?v=CXTqr2ZkGn8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=90Ucr9fxTGc&feature=related

PETER, PAUL & MARY - Leaving on a jet plane ( LIVE in Japan, 1990 )
http://www.youtube.com/watch?v=EasAav3sSSA&feature=related

Leaving On A Jet Plane *Lyricz*
http://www.youtube.com/watch?v=fHS04AccUXY&feature=related

Leaving on a Jet Plane by Chantel Kreviazuk
http://www.youtube.com/watch?v=Jb6J_ejLd7o&feature=related

john denver - leaving on a jet plane (lyrics)
http://www.youtube.com/watch?v=vesGUA8-Y_k&feature=related

John Denver - Leaving on a Jet Plane
http://www.youtube.com/watch?v=f4hsC0nRvZM&feature=related

Leaving On A Jet Plane
http://www.youtube.com/watch?v=CpYcpi0HjQw&feature=fvw
[PR]
# by wellfrog3 | 2009-09-18 00:37 | 感染症