タグ:ワクチン ( 2 ) タグの人気記事

ワクチンと新型インフルエンザ罹患

#「ワクチンを打てば新型インフルエンザにかからない」は誤解
東京都が先月実施したアンケート調査によると、ワクチンに関する気がかりな点として、42%もの人が「ワクチンを接種しても新型インフルエンザにかかるのではないか」を挙げていた。
厚生労働省をはじめ専門家らは繰り返し、ワクチンの効果は100%ではないことも説明してきた。が、まだ不十分なようだ。

ワクチンの効果については、季節性インフルエンザの場合について、以下のような効果が示されている。

まず、健常者のインフルエンザの発病割合を70〜90%減少させる効果がある。
たとえば、ワクチン接種者100人とワクチン非接種者100人を比べたとき、ワクチン非接種者100人のうち5人が発病したとすると、ワクチンを打った100人では0.5人から1.5人に発病者を抑えることが期待できるわけだ。
ただし、「100%減少させるわけではない」ことには留意すべきだ。「ワクチンを打ちさえすれば良い」というのではなく、様々な対策の一環としてワクチン接種があることを忘れてはならない。

ではなぜワクチン接種なのか。
その主目的は、重症例や死亡例の発生を限りなく抑えることにある。

季節性インフルエンザワクチンの場合だが、高齢者では、ワクチン接種により一般高齢者の肺炎あるいはインフルエンザによる入院を30〜70%減少させる。
老人施設の入所者のインフルエンザによる死亡を80%減少させるというデータもある。
小児では、1〜6歳の場合で、発熱が20〜30%減少するという効果が確認されている。

これらの出典は、Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)2007 vol 56,CDC。
小児については、日本小児科学会の「乳幼児(6歳未満)に対するインフルエンザワクチン接種について‐日本小児科学会見解‐」(2004年10月31日)が根拠となっている。

インフルエンザワクチンの目的は、感染防止あるいは流行阻止ではない。
あくまでも重症化あるいは死亡の防止なのである。
同時に、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすために、必要な医療を確保することもワクチン接種の目的になっている。
医療従事者らが優先接種で上位となっているのは、このためである。

出典 日経メディカル別冊 2009. 10. 13
版権 日経BP社
[PR]
by wellfrog3 | 2009-10-14 00:26 | 感染症

鳥インフルエンザ流行と予防接種

鳥インフルエンザ大流行に向けて2回の予防接種を

求められるワクチンの備蓄
■レスター大学病院感染症部門のコンサルタントであるIain Stephenson博士らは,次のインフルエンザ大流行の際にはワクチン接種が人々を守る最善の方法であり,接種は1人につき2回必要であろうとNew England Journal of Medicine(2008; 359: 1631-1633)に発表した。
また,ワクチンを製造するにはある程度の時間がかかるため,大流行が発生する前にワクチンを備蓄しておくことが重要としている。

供給力と時間が課題
■同大学の臨床上級講師でもあるStephenson博士は,同大学感染症部門のKarl G. Nicholson教授らと今回の研究を実施した。
同教授はレスター王立病院のコンサルタント医でもある。
 
■インフルエンザの大流行は,ヒトが免疫を持っていない新しいインフルエンザ株が出現したときや,突然変異を起こしウイルスとして世界中に拡散した場合に発生する。
実際に大流行の原因となるインフルエンザ株を予測することは不可能だが,世界中の保健当局は,H5N1型鳥インフルエンザウイルスがヒトにおける大流行の原因となりうる株と考えている。
 
■H5N1型ウイルスは現在,トリに蔓延しており,これまでにヒトでも世界中で380例以上に重度な疾患を引き起こし,死亡率は60%以上に達している。
 
■Stephenson博士は「次回,インフルエンザの大流行が発生した場合,ワクチン接種が人々を守る最善の方法であろう。製造能力に限界があるため,ワクチンの用量は可能な限り低く抑え,限られた抗原材料を適切に使用することが求められる」とコメントしている。
 
■また,「良好な反応を得るには通常,ワクチンの2回接種が必要とされる。大流行が発生した場合,2回接種で人々を守るワクチンを製造するためにはある程度の時間が必要だ。したがって,これらの困難に対処するため,ワクチンの備蓄が求められる。防御には2回のワクチン接種が必要なため,もし急速に大流行した場合,その供給は難題となるであろう」と述べている。
初回接種株が違っても有効

■今回の研究では,レスターで行われた試験に参加し,7年以上前にH5ワクチンの初回接種を受けた人に最新H5ワクチンを接種し,今回初めてワクチン接種を受ける人と比較した。
 S
■tephenson博士は「7年後に接種した低用量のブースターワクチンによる急速な反応が認められ,接種後1週間以内に被験者の80%が検討したすべてのH5ウイルスの型に良好な反応を示した。
一方,初めてワクチン接種を受ける抗原刺激を受けていない人は2回の接種を必要としたが,6週後には期待通り,予防可能なレベルの抗体が産生された」と述べている。
 
■今回の結果は,最初に抗原刺激を受けた株がどの鳥インフルエンザウイルス株であっても,ブースターワクチン投与後は,幅広い鳥インフルエンザウイルス株から守られることを示唆している。
たとえ最初に接種を受けたときとは異なる株であっても同じである。
これらの結果は,大流行前に備蓄ワクチンを前もって接種することで,大流行を防ぐとする論拠を提供するものとなっている。
 
■同博士は「今回の研究は,政策立案者が備蓄されたワクチンの使い道を決断するうえで役立つため,非常に重要である。抗原刺激を積極的に与え,長期間維持される記憶免疫応答を起こした人は,何年後にワクチン接種しても直ちに免疫応答が活性化される。そのため,インフルエンザの大流行が発生した場合に,感染するリスクの高い医療従事者などは,今後のワクチン戦略の候補として挙げられる」と述べている。
 
出典 Tribune 2009.1.1,8
版権 Medical Tribune社


<コメント>
現在のインフルエンザワクチンの有効性については懐疑的な面があります。
それだけに新型インフルエンザに対するワクチンが有効という話はどうしても理解できません。


他にもブログがあります。
ふくろう医者の診察室 http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy
(一般の方または患者さん向き)
葦の髄から循環器の世界をのぞく http://blog.m3.com/reed/
(循環器科関係の専門的な内容)
「井蛙内科/開業医診療録(2)」2008.5.21~ http://wellfrog2.exblog.jp/
井蛙内科開業医/診療録 http://wellfrog.exblog.jp/
(内科関係の専門的な内容)

[PR]
by wellfrog3 | 2009-01-22 00:06 | 感染症