インフルエンザウイルス分離・検出速報2009.9.3

##最近罹患例のほぼ全例が新型インフルエンザ
#今シーズンのインフルエンザウイルス分離・検出速報
国立感染症研究所(感染研)は9月3日付の速報でインフルエンザウイルスの分離状況の結果を公表した。
それによると,今年(2009年)5~8月に各都道府県市の地方衛生研究所から報告された新型インフルエンザ(AH1pdm)検出例は44都道府県で5,376件を記録,今シーズン(2009/10年)の分離・検出例全体の89%を占めることがわかった。

最初に新型インフルエンザウイルス検出例が報告された2009年第19週(5月4日~10日)以降,その数は増加を続け,週あたりの報告数が増加し始めた6月末から7月以降は,検出例の多くが新型インフルエンザとなっていることから,感染研は最近のインフルエンザ患者のほぼ全例が新型に罹患しているものと見ている。

また,本日(9月4日)同研究所ホームページで更新されたインフルエンザ流行レベルマップによると,第35週(8月24日~30日)の定点あたり報告数は,沖縄で大きく減少したものの,依然警報レベルにあり,青森,栃木,和歌山を除く44都道府県で定点当たり報告数が1.00を超えているという。

出典 MT pro 2009.9.4
版権 メディカル・トリビューン社


<番外編>
医療関係団体
「医師が元気に働くための七か条」を提言
勤務医の健康の現状と支援のあり方調査結果を受け、日医委員会
http://www.m3.com/iryoIshin/article/106946/

◆ 医師が元気に働くための七か条
1. 睡眠時間を充分確保しよう
2. 週に1日は休日をとろう
3. 頑張りすぎないようにしよう
4. 「うつ」は他人事ではありません
5. 体調が悪ければためらわず受診しよう
6. ストレスを健康的に発散しよう
7.自分、そして家族やパートナーを大切にしよう
◆ 勤務医の健康を守る病院七か条

<コメント>
新着の「日経メディカル2009.9」に「患者をどう断る 救急医療再生のヒント」という特集が載っていました。
P55に大垣市民病院の小児科の夜間救急室の取り組みが出ていました。
内容は、市医師会に所属する小児科開業医に小児夜間救急室で診療してもらうよう協力を求めたというものです。
小児科標榜医の有志25人が週3回、18〜21時まで、交代で診察するというものです。

一見美談ではありますが、開業医はそんなに暇なんでしょうか。
小児科や産婦人科医の不足は理解できるのですが、勤務医は忙しい、開業医は暇という図式があるとすれば疑問です。
私は小児科医ではありませんが、もしこの地域の小児科医であるならば当番は固辞するつもりです。
この病院の取り組みは、病院へのコンビニ受診を容認するだけで病院への患者集中に拍車をかけます。

今回のこの記事とは関係ありませんが、勤務医でも暇な医師、開業医でも忙しい医師がいるということをマスコミはとりあげてくれません。
医師不足についても、「不足」ではなく「偏在」が本質的なことですから、安易に「医師不足」という言葉が使われることに抵抗があります。

<新型インフルエンザ 関連サイト>
#ワクチン接種施設、来月公表=新型インフル、1カ月半に2回−厚労省
新型インフルエンザ用ワクチンについて、厚生労働省は8日、10月中旬に接種を実施する医療機関名を公表することを明らかにした。
妊婦や基礎疾患(持病)がある約5400万人の対象者に、1カ月半の間に2回接種する方針も示された。
 
同省は同日、都内のホテルに自治体担当者を集めた会議で、10月下旬の接種開始に向けたスケジュールを説明。
市町村などを通じ、ワクチン接種を担当する医療機関の選定を急ぐよう求めた。
 
同省の説明では、希望するすべての医療機関でワクチン接種を認め、国と予防接種の委託契約を結ばせる。
9月末までに都道府県に医療機関を取りまとめさせた上で、10月中旬にホームページなどで全医療機関を公表する。施設数は季節性インフルエンザを上回り、全国で数千カ所に上る見通しだ。
 
接種は国の委託を受けた医療機関で行うのが原則だが、市町村への届け出を条件に、学校や保健所などでの集団接種も認めた。
その上で、同省は「集団接種は強制とならないように」と配慮を呼び掛けた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009090800873
出典 時事ドットコム 2009.9.8

#ワクチン接種は実費負担=医療機関、予約制で実施−6千〜8千円か・新型インフル
新型インフルエンザ用ワクチンの接種費用について、厚生労働省は8日、接種を受けた患者や保護者から実費相当額を徴収することを決めた。
接種回数は2回で、負担額は計6000〜8000円になる見通しという。
 
同省は東京都内のホテルで同日、自治体の担当課長ら約220人を集めた会議を開催。
ワクチン接種方針案などの説明を行った。
 
同省が示した接種案によると、接種は国と委託契約を結んだ医療機関で実施。
医療機関側は母子健康手帳や健康保険証などで優先接種の対象者かどうかを確認した上で、ワクチンを接種する。
 
接種は国が委託した医療機関で、予約制で行うのを原則とした。かかりつけの病院で行うのが基本だが、主治医が発行した「優先接種対象者説明書」があれば、別の施設でも可能とした。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200909/2009090800400&rel=j&g=soc
出典 時事ドットコム 2009.9.8

#3月までに1200万人分=タミフルの供給計画−中外製薬
新型インフルエンザに有効な治療薬タミフルを国内販売する中外製薬は7日、来年3月までに1200万人分のタミフルを供給する計画を発表した。
 
同社によると、国や自治体の備蓄分や流通済みの在庫とは別に、来年3月までに1200万人分を新たに供給する。
昨シーズンの医療機関向け出荷量の3倍に相当するという。
 
厚生労働省によると、国と都道府県のタミフル備蓄量は、8月末現在で計約4095万人分。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200909/2009090700313&rel=j&g=soc
出典 時事ドットコム 2009.9.7

#新型インフル疑い患者が死亡=呼吸器疾患の90代男性−宮城県
宮城県は7日、新型インフルエンザに感染した疑いのある90代の男性が6日、入院先の病院で死亡したと発表した。
男性は呼吸器疾患の非結核性抗酸菌症の持病があり、死因は同症の悪化。感染ルートは不明という。
 
新型インフルエンザに感染したか感染の疑いのある人の死亡は国内で11人目。
 
県によると、男性は2007年12月、非結核性抗酸菌症と診断された。今年7月に入院し、8月30日に発熱、今月3日に簡易検査でA型陽性となり、6日夜に死亡した。
 
県は7日、新型かどうか確認するPCR検査を実施したが、反応が出なかったため、8日にも手法を変え再検査する。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200909/2009090700749&rel=j&g=soc
出典 時事ドットコム 2009.9.7


#厚労省が新型用ワクチン接種案 医療機関指定し予約制
厚生労働省は8日、新型インフルエンザ用ワクチンの接種について、国と委託契約を結んだ医療機関で、原則として予約制で行うなどとする方針をまとめた。
優先接種の対象者は、母子健康手帳や健康保険証などで確認する。

ワクチンの供給量が限られ、優先対象者に確実に接種する必要があることから、国が直接関与することにした。
都道府県や政令指定都市の担当者を集めて同日、都内で開催した全国会議で説明した。
席上、厚労省は接種料金について全国一律としたい考えも示した。

方針によると、地域の医師会が接種実施を希望する医療機関のリストを作成、機関数が不十分な場合は市町村が追加選定する。
国はこれらの医療機関と委託契約を結び、10月中旬をめどにリストを公表する。
接種は個人が医療機関に予約して受ける方式が原則だが、地域の実情により、医療機関以外での集団的な接種もあり得るとした。

ワクチンは、生産量に応じて国が都道府県ごとの配分量を決定。都道府県は接種対象者の人数を把握し、医療機関ごとの配分を決める。

優先対象者のうち妊婦や1歳未満の乳児の両親は母子健康手帳で、それ以外は健康保険証などで本人確認をする。
基礎疾患(持病)のある人が、かかりつけ以外の医療機関で接種を受ける場合には、主治医が発行する「優先接種対象者証明書」を持参する。

接種費用は実費相当額を徴収するが、低所得者については公費による負担軽減措置を検討する。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090801000700.html
出典 共同通信 2009.9.8

<コメント>
新型インフルエンザは国民の大半に基礎免疫がないため2回の接種が必要で、3~4週間の間隔を空けると効果が高いとされています。


<きょうの一曲> Goodbye
(audio) Chris Connor - Goodbye (1954)
http://www.youtube.com/watch?v=1uFCf_05OaE&feature=related

c0183739_874590.jpg

http://lastfizz.blog19.fc2.com/blog-category-5.html
[PR]
by wellfrog3 | 2009-09-09 00:41 | 感染症
<< RECORD試験 3大パンデミックに学ぶ >>