新型インフルエンザワクチン 2009.9.12

新型インフル、ワクチン1回で効果
豪製薬大手が発表
豪製薬大手「CSL」は11日、自社製の新型インフルエンザのワクチンについて、1回の接種で9割以上の人に免疫を高める効果があったと発表した。

新型インフルエンザは、ほとんどの人に免疫がないため、ワクチンを2回接種する必要があると考えられていた。

同社のワクチンは、日本のワクチンと同じ製法で、免疫を高める添加剤も使用していない。
国産ワクチンについても、国立病院機構が臨床試験(治験)を計画しており、同じ効果が確認されれば、今年度内に1800万人という現在の見込みを超えて、3000万人以上に国産ワクチンを接種できる可能性がある。

同社は、豪州で18歳から64歳の健康な成人240人を対象に、新型ワクチンの治験を実施。通常の季節性用と同じ量を1回接種するだけで、3週間後に、97%が有効な免疫を獲得できた。重篤な副反応は報告されなかった。

国産のワクチンは、10月下旬から接種が予定されている。
国立病院機構の治験結果は10月中旬までにまとまる見込みで、同様な効果が確認されれば、2回接種を1回に変更できる可能性がある。輸入ワクチンの議論にも影響を与えそうだ。
http://www.m3.com/news/GENERAL/2009/09/11/107529/?Mg=772ad19a9f7926d866fddc4cad6341cf&Eml=31ef79e7aaf65fca34f0f116a57fd65d&F=h&portalId=mailmag出典 読売新聞 2009.9.11
版権 読売新聞社


米の新型インフル抑制、人口7割に接種必要
米国での新型インフルエンザの流行を、例年の季節性インフルエンザ並みに抑えるには、人口の70%に予防接種をする必要があるとする試算を米ワシントン大学の研究チームがまとめ、11日付の米科学誌サイエンスに発表する。

研究チームは、今春の感染データなどをもとに新型インフルエンザが家庭や学校を通じて拡大する様子を予想。感染のピークが来る前の9月中旬から子供優先で接種を始め、最終的に人口の70%に接種できれば、流行は季節性並みで落ち着くと結論づけた。
http://www.m3.com/news/GENERAL/2009/09/11/107503/?Mg=772ad19a9f7926d866fddc4cad6341cf&Eml=31ef79e7aaf65fca34f0f116a57fd65d&F=h&portalId=mailmag出典 読売新聞 2009.9.11
版権 読売新聞社


<番外編>
タミフル耐性「新型」、米で人から人へ感染か
インフルエンザ治療薬「タミフル」に対する耐性を獲得した新型インフルエンザのウイルスが、米国で、人から人へ感染した可能性が高いことが分かった。

米疾病対策センター(CDC)が10日、週報で発表した。

タミフルを製造しているスイスの製薬大手ロシュによると、耐性ウイルスは日米などで7日までに13件が報告されているが、いずれのケースも1人の患者から検出されただけで、周囲への感染は確認されていなかった。

CDCは、健康な成人にタミフルを事前に飲ませる「予防的投与」など、耐性ウイルスの出現をまねく過剰使用を控えるよう呼びかけた。

CDCの報告によると、米ノースカロライナ州でキャンプに参加していた10代の少女が7月8日、インフルエンザの症状を訴えた。
同じ小屋に泊まっていた別の少女も11日に発熱、2人からタミフルに耐性を持つ新型ウイルスが検出された。

キャンプ場では、6月から新型インフルが流行、発症していない子供や職員計600人以上が、感染予防のため10日間、タミフルやリレンザを服用した。

2人は、タミフル服用中にもかかわらず発症したため、医師が耐性ウイルスを疑い検査した。
キャンプ場では、ほかにも6人がタミフル服用中に発症。最初の少女からもう1人へ感染したか、別の患者から2人に感染したものとみられる。
http://www.m3.com/news/GENERAL/2009/09/11/107502/?Mg=772ad19a9f7926d866fddc4cad6341cf&Eml=31ef79e7aaf65fca34f0f116a57fd65d&F=h&portalId=mailmag
2009年9月11日 提供:読売新聞


「オンライン請求はインセンティブで」民主党・鈴木議員
9月9日、レセプトオンライン請求義務化撤回訴訟の第1回口頭弁論が横浜地裁で開かれました。その内容は医療維新「原告らは保険医療機関なのか、立証を求めたい」をお読みいただきたいのですが、この日の口頭弁論で一番問題視すべきは、行政・司法当局の姿勢です。

まず行政当局。記事でも紹介しましたが、国が事前に提出した答弁書には、「原告ら全員が保険医療機関の指定を受けていることについて主張立証を求められたい」と記載されています。オンライン請求が義務化される対象は、「保険医療機関」。原告の名前として、住所や氏名等は記載していても、「保険医療機関の指定を受けている」ことを証明する資料は提出していません。
しかし、国民皆保険の日本の場合、大半の医師が保険診療を行っています。
そうではない医師が、今回の訴訟に加わることが想定されるのでしょうか。原告の弁護団団長の田辺幸雄氏は「裁判の引き延ばし」などと、国の姿勢を批判しています。

また9日の口頭弁論は、原告団側からの意見陳述だったのですが、代理人弁護士の小賀坂徹氏が訴状を引用してオンライン請求義務化の問題点を指摘しようとすると、「それは訴状に書いてある」と国側の代理人がさえぎろうとする場面も。当然ながら、小賀坂氏はそれに屈せず、弁論を続けました。その最後に、小賀坂氏は、「医療は診察室で行われている。会議室で行われているのではない」と結び、医療の現場にもたらす混乱を想像することなく、「霞が関」の会議室内での議論でオンライン請求義務化を決定した国を問題視しました。

次に裁判官。
地裁の法廷には3人の裁判官がいます。
しかし、裁判長と右陪席裁判官(傍聴席側からではなく、裁判長の側から見て右側に座っている裁判官)が、時々目を閉じていたのです。意識を集中していた、とは受け取れず、うたた寝しているのかとも思える状況でした。

今回、原告の医師が提訴した相手は国、つまり厚労省。行政による規制・管理が強い医療界。「厚労省を相手に訴訟することには様々な苦労、不安が伴う。それを乗り越えて提訴した意味を考えてほしい」(小賀坂氏)。

民主党は今回の衆議院議員選挙のマニフェストで、オンライン請求の「完全義務化」から「原則化」への変更を明記しています。
政権交代がまさに実現する今、オンライン請求の是非をめぐる議論の場は法廷でなく、政治に移ったという思いが、行政・司法当局にあったのかもしれませんが、真剣に原告の訴えに耳を傾ける姿勢がうかがえなかったことは批判されてしかるべきでしょう。

なお、民主党の参議院議員、鈴木寛氏に9月10日、この件について取材したところ、「義務ではなく、例えば、オンライン請求した医療機関には支払い期間を短縮するなど、インセンティブをつけて誘導する形にする」とコメントしました。
オンライン請求に対してインセンティブを設け、オンライン請求するか否かは各医療機関の選択に任せるというイメージです。
http://mrkun.m3.com/mrq/community/message/view.htm?cmsgId=200909101831146144&msgId=200909101832366331&mrId=ADM0000000


衆議院議員総選挙2009
「日医は選挙結果を真摯に受け止め、反省すべき」
民主党を支持した諫早医師会長・高原晶氏に聞く

http://www.m3.com/iryoIshin/article/107445/index.html?Mg=772ad19a9f7926d866fddc4cad6341cf&Eml=31ef79e7aaf65fca34f0f116a57fd65d&F=h&portalId=mailmag■今回の選挙結果を受け、「日本医師会は、政権与党を支持すると言っていたが、政権交代後はどうするのか」と疑問を投げかける。
今こそ、医師会・医師連盟はそのあり方を再考すべきである。
■今、日本医師会をはじめ、各医師会がすべきことは、今回の選挙結果を真摯に受け止め、反省することではないでしょうか。医師会は風が読めなかった。一般国民・世論と、医師会がここまで離れてしまったのですから、「患者さんの立場を考えて」という自民党支持理由は使えなくなったわけです。
■来年7月には参議院議員選挙が予定されていますが、既に日医は自民党参議院議員の西島英利氏の支持を打ち出しています。今年4月に日医の幹部が、長崎にも説明に来ました。その際、「政権与党が変わったら、どうするのか」と問いかけたのですが、「難しい問題」との返答のみでした。
■都道府県医師会は本来、郡市医師会の声を日医に伝えるのが役割です。しかし、実際には日医の方しか向いていないケースが多い。
■これまで自民党を応援してきて、何がいいことがあったのでしょうか。税制などでは優遇されていた面もあるのかもしれませんが、医療費抑制策が続き、結局、自分たちの首を絞めている政党を支援していたことになります。
■今は医師会も、医師連盟も区別はありません。しかし、医師会と医師連盟は本来、線引きすべきだと思います。今回の選挙は両者の役割を見直すいい機会になったのではないしょうか。



<きょうの一曲> Norwegian Wood 
The Beatles - Norwegian Wood (very rare)
http://www.youtube.com/watch?v=KkcRZSdc8us&hl=ja

Norwegian Wood (This Bird has Flown)
http://www.youtube.com/watch?v=KkcRZSdc8us&hl=ja

he Beatles - Norwegian Wood
http://www.youtube.com/watch?v=lY5i4-rWh44&hl=ja

Norwegian Wood 歌詞
http://beatlesbeatles.blog39.fc2.com/blog-entry-72.html

ノルウェーの森
http://ja.wikipedia.org/wiki/ノルウェーの森
■原題の“Norwegian Wood”が何を意味するか歌詞中に明確にかかれていないため、英語圏の人も一般的に『ノルウェーの森』のこと『ノルウェー製の家具』のことと聞き手のイメージによって二つに分かれているが、このwoodは『森』のことでも『家具』のことでもない。
(以下は余り紹介できない内容ですので、サイトでご覧ください)


<村上春 『ノルウェイの森』>
村上春樹『ノルウェイの森』
http://www005.upp.so-net.ne.jp/Kaede02/sakuhin2/norway.html

村上春樹『ノルウェイの森』の薄気味の悪さ(Ⅰ)
http://elder.tea-nifty.com/blog/2006/05/post_0e40.html

村上春樹氏「ノルウェイの森」初の映画化
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/080731/bks0807310749000-n1.htm

[PR]
by wellfrog3 | 2009-09-12 00:07 | 感染症
<< TNF阻害薬とがんリスク 新型インフルエンザ重症例へのリ... >>